食宅便の良いところ・悪いところ

食宅便(食卓便)は安全か?添加物の有無やアレルギーについても

食宅便(食卓便)は安全か?添加物の有無やアレルギーについても

日清医療食品が提供している宅配弁当サービス食宅便(食卓便)

時間をかけずにバランスのとれた食事がとれると評判です。

では食の安全性の観点からはどうなのでしょうか?

食宅便の食事は添加物を使っているの?無添加なの?

またアレルギー物質に対してはどのような取り組みがなされているのでしょう。

毎日食べるものだからこそ気にしている方も多いと思います。

食宅便における食の安全性について調べてみました。

食宅便(食卓便)は安全?│食品添加物の使用について

食宅便(食卓便)は基本的には安全です。

食宅便では食品添加物は使用されていますが、添加物の種類や使用量は食品衛生法を遵守しつつ、安全性に十分配慮されています。

食宅便では安全な添加物と適正な量、使用することで美味しさを追求しつつ食の安全を実現しているということです。

食品添加物が使われていても安全な理由

では少しだけ添加物について補足しておきます。

そもそも添加物は体に悪くて、無添加という言葉は体に良いイメージがありませんか?

かつての法律では合成添加物だけが食品添加物に指定されていたのですが、現在では天然・合成の区別なく食品添加物として扱われています。

 

つまり日本では昔から庶民の知恵で使われてきた、にがりやかんすい、しその葉(着色料)なども食品添加物として扱われています。

本来食品添加物は食品を長持ちさせたり形を整えたり色を美しく見せたり、味そのものを良くしたりと美味しい食事に欠かせないものです。

 

例えば練り製品は水揚げされた魚に、その場で食品添加物を加えすり身に加工します。

このすり身を冷凍保存することで遠くの工場まで運ばれ、かまぼこやちくわ、はんぺん等に加工されるのです。

 

もし食品添加物が全く使われて無ければすぐ腐ってしまい、食中毒の危険性が高まるという点では添加物によって食の安全が保たれているともいえます。

そして食品添加物を使用した食品よりも、無添加である食品の方が安全という科学的根拠は何もありません。

食品添加物の安全性は量できまる

食べ物に使う事のできる添加物の量は、マウスなどの動物実験で国際的な機関や食品安全委員会で決められます。

その量は動物実験で、マウス等が一生食べ続けても無害と認められた量の100分の1以下とされています。

 

このように食品添加物は厚生労働省が科学的に安全性を認めたものを、決められた量の範囲内で使用することで私たちの食事を安全でより美味しくしているのです。

以上のことから、添加物における食宅便の安全性には問題ないといえます。

 

ではアレルギー物質に関してはどうでしょうか?

食宅便(食卓便)のアレルギー物質への対応

食宅便はアレルギー物質に対して表示を徹底しています。

食品衛生法で表示が義務化されている特定材料7品目に加えて、表示が推奨されている特定原材料に準ずる20品目についても全て表示されています。

特定7品目

えび・かに・小麦・卵・そば・乳・落花生

特定20品目

あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、 牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

日清医療食品は元々医療現場への食品サービス以外に保育施設へ食事の提供も行っており、アレルギー対策には豊富な知識と経験を持っています。

しかしながら、食宅便では食の楽しさや美味しさを提供することで、栄養バランスの良い食事を摂り続けてもらうことを念頭においています。

 

アレルギー対象となるものが入っていない場合でも、特定材料のえび・かに・小麦・卵・そば・乳・落花生を使用した設備を使って製造しているため、完全に取り除く事が不可能であると公式ホームページにも出ています。

つまり特定材料7品目を完全に使用しない場合、食の楽しさやバリエーションに支障がでるとの判断だと思います。

食宅便(食卓便)をより安心・安全に使うために

食宅便は、100%アレルギー物質がゼロというわけではありません。

しかしながら製品自体にもそうですしホームページ上にも、各メニューに対し詳しいアレルギー表示がなされています

ご自身でアレルギー反応が現われる物質が分かっている場合は、事前に調べておくことが大切です。

まとめ

食宅便の安全性を食品添加物とアレルギー物質への対応、という点から調べてまいりました。

食品添加物に関しては食品衛生法にのっとり厳しいルールの下、安全なものを安全なだけ使用することで安全安心な食事を実現しています。

アレルギーに関して、情報を徹底的に開示し、お客様に選んでいただくことで、安全にご利用いただく方針であるといえます。

日清医療食品の食宅便は、食の安全について40年以上取り組んできている
実績がありますから、過度に心配する必要はありません。

食宅便は、上手に活用すれば食生活を豊かにしてくれますよ!