食宅便の良いところ・悪いところ

食宅便(食卓便)でダイエットはできる?口コミレビューで見えた実力

食宅便(食卓便)でダイエットはできる?口コミレビューで見えた実力

「よしっ!今日からダイエットを始めるぞ!」と意気込んだものの、三日ともたなかったことはありませんか?

今までダイエットが続かなかった方に、宅配弁当が注目を浴びています。

中でも業界シェアナンバーワンの日清医療食品が運営する「食宅便」が選ばれています。

「宅配弁当で本当に痩せられるの?続けられるの?」って思ったあなた!

実は私もそう思った一人でした。

食宅便で本当にダイエットできるのか、痩せられるのか?」ということについて調べてみました。

食宅便(食卓便)でダイエットは可能なのか

もちろん、可能です。

食宅便にはダイエットはもちろん、カロリーを減らして痩せたいのか、糖質を抑えて減量したいのか痩せ方に応じたコースを選ぶ事が出来ます。

細かい説明はさておいて、ダイエットされた方々の口コミを調べてみました。

食宅便(食卓便)でダイエットした人の口コミ

味が薄いかなと思っていましたが、だしがきいていて味に大満足。

これで低糖質だから健康的に痩せてると実感しました。

食宅便はメインのおかずが、2種類あるのが特徴的です。

普段自炊するとメインはお肉か魚かの一品になるけど、2品でたんぱく質が摂れるのは地味にうれしい。

一食の中に酸っぱいや塩辛い、時々甘いなどいろんな味付けがコーディネイトされており飽きずに食べ続ける事が出来る。

なんといても簡単、楽チン。

電子レンジで約5分ですぐ食べられる。

見た目が鮮やかで、野菜が豊富で彩りがGOOD。

自分で作るならこんなにたくさんの野菜は使えない。

これだけのメニューが一食560円は絶対安い!

気にしていた味ですが、薄味ではなく全体的にしっかり付いていた。

煮付け系はやや薄味でしたが、だしがしっかりきいていた。

食宅便の低糖質セレクトを毎晩食べています。

カロリーの摂取量が減ったので、40kg代をキープしてます。

今の宅配弁当ってこんなに美味しいの?メニューも豊富で全然飽きない。

食宅便は彩り豊かでバリエーション豊富だと思います。

以上のような評判が寄せられています。

では、食宅便(食卓便)でダイエットにチャレンジした人はなぜ痩せられたのでしょうか?

食宅便(食卓便)でダイエットに成功した理由

結論からいいますね。

続けられたからです!

ではどうして三日坊主にならず、続けれられたのでしょう。

紹介した口コミから、食宅便を続けられた5つの理由が分かりました。

食宅便を続けられた5つの理由

・とにかく美味しい!
・飽きない!
・管理栄養士による機能的な食事!
・楽チン!

・なにより経済的!

 

・とにかく美味しい!

「ダイエット食や制限食は薄味や病院食みたい」との印象がありますが、食宅便のメニューはなかなかのボリューム。

しかも塩分を抑えながらだしがきいているので旨味がしっかり付いている。

・飽きない!

おかずは基本5品でそのうち2品はお肉・魚といったメイン級の献立になっています。

野菜が豊富で彩り豊か。

味付けが一食の中でバラエティーに富んでいて、食べやすい。

・管理栄養士による機能的な食事!

カロリー・糖分・塩分などなかなか個人では管理が難しい、バランスのとれた一食を摂ることができます。

・楽チン!

口コミにもありますが、帰ったら5分電子レンジでチンするだけ。

・なにより経済的!

「食宅便」の一食当たりの価格は560円(税抜)。

この価格は食宅業界最安水準です。

食宅便を選んだ方がどうして痩せられたのか、なぜ続いているかというのを紹介してきました。

では簡単に食宅便でダイエットする時のポイントをお伝えしますね。

食宅便(食卓便)でダイエットに臨むときのポイント

食宅便(食卓便)でダイエットに臨むときのポイントは2つあります。

・長く無理せず続ける事が大事

・目的に合わせてコースを選ぶ

 

長く無理せず続ける事が大事

一時的なダイエットは栄養が偏ったり、無理な運動をして体調を損ねたりします。

これではやっぱり続きません。

「食宅便」は長く健康的にバランス良い食事を取ることを日常の一部にすることで、無理なくダイエットが続けられます。

この健康的な食生活を習慣にすれば、リバウンドなど無縁なのです。

目的に合わせてコースを選ぶ

「食宅便」には個人の目的に合わせたコースが豊富に揃っています。

カロリー制限のコースは、一日のカロリーの目安が1200Kcalと1600Kcalの2コースがあります。

一日の摂取カロリーの目安が平均体型の男性30歳で2500Kcal前後、女性30歳で2000Kcal前後です。

あなた自身の体型や生活環境・習慣に応じて、コースを選んでください。

また糖質を抑えたダイエットに適した「低糖質セレクト」という制限食のコースがあります。

痩せていく過程では、食事で摂った糖質が消化されて体内で「糖」になります。

その「糖」がエネルギーとして燃焼された後、脂肪の燃焼が始まるので元々糖質を抑える事で脂肪の燃焼を促す狙いが「低糖質セレクト」にあります。

ただ女性の場合糖質を抑える食事では、なかなか体重が減らず具体的な成果を感じられないという事があります。

自分にあったコースを選ぶ事で長く続けられるでしょう。

まとめ

「食宅便」はダイエットに有効で、かつ多くの方々にご利用されている事が分かりました。

食宅便は飽きのこない、栄養バランスに優れた美味しいメニューをリーズナブルに続けられる食事です。

もちろん美味しいからといって、食べ過ぎたら意味がありません。

決められた量を毎日続けていく事で、今まで続かなかったあなたのダイエット目標はきっとかなえられて、いつしか当たり前の日常になっているでしょう。

>>>ダイエットに食宅便(食卓便)を活用する